[PR] 電話占い 過去のネイルニュース | ネイルスクール大阪で探す・nailschoolポタールサイト
|1/1 PAGE|

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top

「アジアネイルフェスティバル」開催=インデックス大阪

たかか゛爪されど爪!です。
ここまでネイルケアが、日本で注目されてるといことは、協会や母体がしかりしている業界だからです。


「アジアネイルフェスティバル」開催=インデックス大阪
2006年07月12日10時01分

表彰式で、挨拶をする大会運営委員長の山崎比紗子氏。(撮影:渡辺直子、11日)【PJ 2006年07月12日】− 11日、大阪南港のインデックス大阪で、「アジアネイルフェスティバルIN OSAKA 2006」(NPO法人 日本ネイリスト協会主催)が開催された。会場では、ネイル産業の今を多くの人たちに知ってもらうために、パネルディスカッションなどが行われたほか、ネイリスト日本一を競う全日本ネイリスト選手権が行われた。

 選手権は午前9時すぎから開始され、4部門8種目の分野に日本国内のみならず、アジアからの出場者を含め約1500名のネイリストが参加し、白熱の戦いが繰り広げられた。

 午後4時から行われた表彰式では、大会運営委員長の山崎比紗子氏((株)ヒサコネイル代表)が、選手権出場者に慰労の言葉を述べた上、「日本ネイリスト協会は、ネイル産業の発展のため、一層努力していきたい」と話した。
ヒサコさん

 大会委員長の北村晋氏は、「今から21年前に発足した日本ネイリスト協会は、発足した当時、欧米からの技術・情報を吸収する立場だった。だが、今や日本のネイル産業は、世界をリードするまでになり、アジアの同胞とともに、新しいネイル文化を築き上げる時期を迎えている。」と、日本のネイルビジネスの方向性が、明るいことを示唆した。【了】


※この記事は、PJ個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの見解・意向を示すものではありません。また、PJはライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。

パブリック・ジャーナリスト 渡辺 直子【兵庫県】
▲top

「アジア」テーマに、ネイルアート

ネイルアートへの関心か年々高まっています。

ネイル産業はいま、大阪でフェスティバル
2006年07月16日07時54分
人工的に爪を造作する工程を、デモンストレーションする男性ネイリスト。
ネイル愛好家が増えていることで、ネイリストは、技術の向上に余念がない。
ネイリスト

男性ネイリストが、ダイナミックなテクニックで、人口爪を作る動作に見入る来場者たち。ネイル産業では男性ネイリストの需要も増えているようだ。

11日、大阪・南港インデックス大阪で開催された「アジアネイルフェスティバルIN OSAKA 2006」の会場にて。(撮影:渡辺直子)

【PJ 2006年07月16日】− 11日、大阪南港・インデックス大阪で、「アジアネイルフェスティバルIN OSAKA 2006」(NPO法人 日本ネイリスト協会主催)が開催された。会場では、「ネイル産業の今」をテーマに、ネイル産業の今と未来をわかりやすく解説するセミナーや、最新のネイル技術のデモンストレーションなども開かれた。セミナーでは、これからネイルサロンを経営しようとする人たちのために、サロン経営の秘訣を、経営コンサルタントの丸山博氏(第一コンサルティング・オブ・ビジネス代表)が解説した。

 丸山氏は、「日本ネイリスト協会のネイル普及活動の努力により、昨今、確実にアメリカのネイル商品が、手に入るようになった。それと並行して、日本の景気も上昇しつつある。ネイル産業は、これから5〜6年、ビックチャンスが到来するに違いない」と前置きし、次のように話した。

 「ネイル産業は、黎明期を抜け出し、成長の時代に入った。若い人中心に、ネイルファッションが日常的になっていることからも、ネイル産業の成長ぶりは明らかである。だが、ネイルが日常化したということは、ネイルビジネスをこれまでやっている人にとっては、顧客数が増えるという観点からみると、チャンスでもあるし、ピンチでもあると考えなければならない」。

 「過去の成功体験だけでは、脱落するネイルサロンが出てくる。技術力向上はもちろんのこと、接客力、店舗の雰囲気づくり、安定価格など、オリジナリティ−を重視した店舗づくりが重要である。資格と技術があることで、その仕事の成功が約束されるものではないということを、知ってほしい」と、未来のネイル産業を担うネイリストたちに、あえて苦言を呈していた。【了】

パブリック・ジャーナリスト 渡辺 直子【兵庫県】



▲top

女性のネイルケアはビジネスチャンス!

女性のネイルケアはビジネスチャンス!

この記事は、ビジネスチャンスとうのは、実はネイリストになると仕事になる・というものではなく、ネイルをすることで、好感を持たれ、ビシネスチャンスにも恵まれるという内容です。

というこは、こういう意識が高まれば、ネイリストのお仕事は、益々増えて広がるでしょう。



【PJ 2005年08月24日】− 現在、デパートやスーパーなど、女性が行き交う商業施設の中には必ずといっていいほどネイルサロンがある。老若関係なく女性が、気軽にネイルファッションを楽しむ時代が到来してきた。

ネイルのおしゃれの由来
 そもそも、ネイルのおしゃれは、今から20年くらい前に、アメリカから日本へ渡ってきた新しい指先のファッションである。そのころ、日本人が、ネイルのおしゃれに興味を抱くかどうかは、予想がつくものではなかった。当時、ネイルからイメージするものは、赤い爪先イコール不潔という印象を、持たれた時代である。

 20年が経過し、日本人のネイルに対するイメージは、変化した。爪先を真っ白にするフレンチスカルプチュアネイルというつけ爪や、爪全体を透明にするクリアーネイルと呼ばれるガラス細工のようなつけ爪や、小さなお花をあしらったデザインネイルなど様々である。ネイルのカラーバリエーションも豊富となり、ブラックやブルーやグリーンの指先のおしゃれを楽しんでいる女性を見かけても、違和感がなくなった。

 指先に何らかのおしゃれを施している女性を見ると、指先が輝いて、美しい。
ネイルカラーは、ちょっと仰々しくてと、気恥ずかしく感じる女性は、つけ爪やネイルを塗らないまでも、爪を磨いたり、トリートメントをしたりするネイルケアなら、誰にでも出来る。

ネイルのおしゃれは、当然の身だしなみ
 握手の時に、人前に出す手が、ガサガサだったり、爪がぽろぽろでは良いビジネスチャンスにも恵まれないのだと、ネイルケアは、アメリカ女性のステイタスシンボルとして根付いているようである。アメリカでは、ビジネスの世界においては、ネイルのおしゃれは、当然の身だしなみとされている。
▲top